埼玉大学教育学部附属小学校ホーム お知らせ理科 肥田教諭の授業研究【校内授業研究会】

お知らせ

理科 肥田教諭の授業研究【校内授業研究会】

平成28年1月25日(月)「身に付けた知識が確かな知識へと変容するための指導の工夫」を研究主題とし、「目に見えない『構造』を理解すること」を視点として、第3学年「物と重さ」の単元で授業を行いました。

理科2

本時では、構造の異なる「粘土」と「生け花用吸水スポンジ」を比較し、形が変化したときの様子の違いに着目することで、生け花用吸水スポンジがへこんでも重さが変わらない理由について考える学習を行いました。

理科2

自分の考えを三つのキーワードにまとめ、このキーワードを基に、他者と考えを交流することで、自分の考えがより確かなものになるよう更新していくことができました。
研究協議では、埼玉大学教育学部自然科学講座から大向隆三先生を指導者に迎え、科学的現象の本質的な理解について具体的なお話をしていただき、研究を深めることができました。