昭和22年、埼玉師範学校附属小学校として開校。 同26年に埼玉大学教育学部附属小学校と改称し、今日にいたる。

本校は、埼玉大学教育学部の附属小学校として大学との連携を図りつつ、教育の理論と実践に関する研究と教育学部生の実習を使命としている。

「勤労をいとわない自主的精神の旺盛な、人間性豊かなよき社会人を育成する」を教育目標に掲げ、日々の教育諸活動に取り組んでいる。

各学年3クラスで編成され、附属幼稚園からの連絡進学児童、受検により進学した児童が在籍する。

このページの先頭へ