校長のあいさつ

本校は,一般の公立小学校と同様,初等普通教育を行う小学校であるとともに,大学教育学部の附属学校として,次のような特色ある性格をもつ教育施設である。

(1)教育実習学校としての性格

教育学部の学生が教育実習生として来校し,小学校の教師として必要な資質を身につけるため,参観や実習を行う。したがって実習期間中(1学期4週間,2学期4週間,3学期2週間計10週間)児童は,実習生の指導を受けることが多い。

(2)研究,実験学校としての性格

教育上のさまざまな研究や実験をする学校である。したがって,教育研究の必要上,いろいろな学習指導法が実験されたり,調査研究が進められたりする。このため,保護者に協力を要請する面が多い。

(3)地域の学校教育へ協力する性格

県や市町村教育委員会等と緊密な連携のもとに,地域学校の研究や現職教育に協力する。そのため県下の小学校や教科研究団体の招請に応じている。
また,研究主題にもとづいて進められた研究の業績や結果を発表,討議する研究協議会を定期的に開催し,研究実践の交流を図っている。

このページの先頭へ