お知らせ

運動会

令和元年9月21日(土)に、運動会を行いました。当日は天気の心配もあり、雨天時プログラムで進めました。入場行進では、児童会長を先頭にして、児童会役員が校旗を持ちました。また、昨年度優勝の3組系団長・副団長が優勝旗を持ちました。

6年生の100m走では、埼玉大学副学長 川又伸彦先生、教育学部長 薄井俊二先生、本校校長 川端博子先生にスタートの合図をお願いしました。

 

運動会のスローガン「力を合わせて より速く より正確に」の下、リレー・集団種目などの学年種目、フォークダンスなどの児童会種目、6年生を中心とした応援合戦、各学級の代表児童による3色対抗リレーなど合計25種目が行われました。

写真1 小さいサイズ

各学年の優勝学級は、1年1組、2年3組、3年3組、4年2組、5年1組、6年3組となりました。

また、総合優勝は3組となりました。

<児童の感想>

僕はみんなを引っ張れる応援団長を目指し、運動会までに6-1のみんなとダンスや曲、旗のデザインなど様々な事を決めてきました。1組系のクラスで練習する時は、僕の気持ちがうまく伝えられずに辛かった時もありましたが、6-1のみんなと改善点を話し合い、本番に挑むことができました。今まで僕が応援団長をやれてきたのは6-1のおかげです。ありがとう。(1組系応援団長)

 

私は応援団長になってから少し自信を持てるようになりました。本番前の応援練習で1~5年生がどんどん声を出せるようになっていき、それだけでもとてもうれしかったです。運動会の前には色々大変に思うこともありましたが、本番を迎えた時に、「この運動会は自分達がつくりあげた運動会なんだ。」と達成感を感じることができました。応援団長をやってみて本当に良かったという気持ちになりました。このことは一生忘れられないとてもいい経験になったと思います。(2組系応援団長)

 

令和になってから初の運動会は三組系にとって三連覇がかかっていたのでとても緊張した一日でした。競技ではどのクラスもスローガンにもある白虎のように力強く走れたので前半から大きくリードすることができました。応援合戦ではみんなが団結して今まで練習をしてきた成果を発揮できて良かったです。来年の四連覇に期待しています。(3組系応援団長)